【隠れたうつ病】仮面デプレッションについて学ぼう

仮面デプレッションの治療

男医

治療方法について

仮面デプレッションを治療するには、うつ病の治療と同じ方法がとられます。仮面デプレッションでは、内科で診察を受ける方が多く、うつ病であることに気付けないケースが多いです。内科で原因が分からず、処方された薬を服用しても症状が改善されなかった患者さんが、うつ病の治療薬である抗うつ剤や抗不安剤を服用して、症状が回復した、というケースは近年増えており、仮面デプレッションを発症する患者さんが増えていることが分かっています。仮面デプレッションの治療には、休養と薬物療法が効果的です。うつ病の治療には、薬物療法がメインとなります。抗うつ剤や抗不安剤を服用して、症状を落ち着かせていきます。仮面デプレッションの方で、精神的な症状を自覚していない場合でも、薬物療法は効果的です。薬物療法では、「薬を一生飲み続けることになるのではないか」という不安の声を聴くこともあるようです。しかし、うつ病は治らない病気ではありません。確かに完治の難しい病気ではありますが、しっかり治療することで、症状は必ず良くなります。症状が良くなれば、薬を服用をしなくても生活できるようになります。薬物療法だけでは、うつ病を治すことはできません。発病のきっかけを探り、原因から離れるなどの精神療法も実施されます。仕事が原因であれば休職や退職をして、原因から離れます。精神療法では、精神科医や専門家が援助しながら、患者さんのストレスや環境、生活、考え方や性格を見直して、うつ病を再発させないようにサポートしながら治療を進めて行き、再発の予防もします。仮面デプレッションやうつ病の治療は簡単ではありませんし、長く時間がかかってしまうことも稀ではありません。ストレスによって気付かないうちに身体をむしばまれてしまわないように、まずは自分自身を大切にすることを考えて、むりをしないようにしましょう。

Copyright© 2019 【隠れたうつ病】仮面デプレッションについて学ぼう All Rights Reserved.