【隠れたうつ病】仮面デプレッションについて学ぼう

仮面デプレッションの症状

悩む女性

仮面デプレッションの症状

仮面デプレッションはうつ病です。一般的に知られているうつ病であっても、身体的な症状は出ます。しかし、仮面デプレッションでは、身体的な症状が前面に出ることで、精神的な症状が隠されてしまします。仮面デプレッションの症状には、めまいや、頭痛などの自律神経症状が現れます。この他の症状が出ることもまれではありません。どのような症状が出るのか確認しておきましょう。当てはまるものがあったら、クリニックへ行くことも検討して下さい。まず、うつ病の症状で代表的なものは、睡眠障害です。寝つきが悪いことや、眠りが浅い事、何度も目が覚めたり、一度起きると寝付けなくなること。また、たくさんの夢を見ることで眠った感じがしないことも、睡眠障害になります。睡眠障害の中でも特に多いのは、寝つきが悪いこと、目が覚めると寝付けなくなること、です。「眠らなければ」という焦りから、余計に眠ることができなくなってしまいます。眠れないことだけではなく、寝すぎてしまう過眠も、うつ病の相乗として現れることがあります。また、次いで問題となるのが食欲に関してです。ダイエットをしたいわけではないのに、何も食べたくない状態が続き、食欲が減退することで、体重が激減に減ってしまうことがあります。反対に、ストレスによって過食をしてしまう方もいます。また、頭痛や頭重感、倦怠感、疲労感、便秘、めまいなどは、うつ病の治療が始まってもなかなか回復しにくい症状でもあります。女性の場合は、月経不順になってしまうこともあります。この他にも、肩こりや、腰痛、多感、動機、胸が苦しい、耳鳴り、吐き気や口の渇き、性欲の減退など、さまざまなな身体症状がでます。仮面デプレッションでは、このようンあ身体的な症状が前面に出るため、精神的な症状が見えづらくなってしまい、正しい診断を受けるまでに時間がかかってしまいます。

Copyright© 2019 【隠れたうつ病】仮面デプレッションについて学ぼう All Rights Reserved.